• 2014年2月25日

THE★ポリ袋マジック★

こんにちは!ペコリです。

昨日、ひとつ年を重ねました。

月日が経つのは早いもの。。。 TIME IS MONEY!

一分たりとも、時間を無駄にはできません

とくに、仕事(残業)を終えて、帰宅した日!

「もう20時。これから夕飯作りか。。。

コロボックルでも現れて、代わりに作ってくれないかな。。。」

。。。だれか現れることもなく。。。

そんなくたびれモードの救世主がコレ↓

ポリ袋クッキング 

 

この商品を一言でまとめると、

「ポリ袋にソースと食材を入れて湯せんすれば完成」

100文字レシピも真っ青なわかりやすさ。

 

「でも、ポリ袋って耐久性あるのー?

高温でやぶけたり、食材がはみ出たりしそう

そんな心配ご無用なのが、マンスリークラブの偉いところ。

3層フィルムで熱に強く、耐熱温度130℃までOKな熱さに強い奴なんです!

 

セット内容は、専用調理ソースと専用ポリ袋、カラーレシピ付き。

1メニューが3~4人前で、2メニューなっているから、

夕飯のメインディッシュにもうってつけです!


 

今夜は、ポークジンジャーとビーフシチューを選び、

頼れるポリ袋くんとともに、クッキングスタート!

材料はコチラ→豚肉牛肉玉ねぎこれだけ?と拍子抜けするシンプルさ。


 

まず、玉ねぎをスライス。

火が通りやすいように約2ミリの薄さでタンタンタン!

ふたつに分けておきます。


 

次に、豚肉のアクを抜きます。

アクって謎の物体ですが、食品のえぐ味や渋味や苦み成分だそうです。

口当たりも悪くなるので、お肉に熱湯をかけて先にのぞいておきます。


 

★ポイント1 調理ソースの入れ方

ポリ袋に美しくソースを入れるにはコツがあります。

ソースの封を切った上にポリ袋をかぶせ→180°回転くるりんぱ!


 

マチ付きのポリ袋くんは自立できるので、上からソースを出し切ればOK

手もチャック部分も汚れません。


 

そして、豚肉と玉ねぎを入れてソースをもみもみ。なじませます。


 

★ポイント2  チャックのしめ方

まず、袋の内側チャック部分が汚れてないかチェック。


 

水を入れたお鍋に沈めていくと水圧で袋内の空気が抜けていきます。


 

真空のような状態になったところで、チャックをピッチリしめれば準備完了。

ダブルチャックなので、途中で口が開く心配もありません。


 

次、牛肉いきまーす。 こちらも豚肉同様にアクを抜きます。


 

ソースをくるりんぱして、牛肉と玉ねぎをINしてもみもみ。水圧でギュッ。


 

ふたつの袋をお鍋に沈めふたをしたら、中火で30分ぐつぐつします。


 

その間につけあわせの準備をします。 メインが肉々しいので野菜、野菜、野菜。


 

ピピピピッ!湯せん終了ー。 ヤケドに注意しつつ、取り出します。


 

あとは、袋から直接盛り付けるだけ。


 

ゴーカ(に見える!)なメインディッシュが2品完成しました。


 

「いただきます」

オット 「おおっ!ちゃんとショウガの味がきいてるよ!しかもお肉がやわらかい
手作りって出されたら信じるよ!」

ペコリ 「こっちのシチューも煮込まれたコクを感じる。深い味
あんなに手軽に作ったとは思えない、本格的な料理になってる

「これ、コスパ高い!!!時短なのに、おいしい!」

かなり満足度の高い夕飯になったのでした。

玉ねぎがないときは、キノコでもおいしいかも!

そして、後片付けには、湯せんの使り湯をザバーッ。

汚れが落ちるので、エコですね

 

今回作ったメニュー以外にも、

豆腐のそぼろあんかけ&白身魚の煮付けや、

エビチリ&チンジャオロースといった和風、

中華風の 豊富なラインナップがそろっています。

台所に立つのがおっくうなとき、 急に友だちが遊びに来るとき、

常備しておけば頼りになることまちがいなしです。

<おまけ>

我が家は、夕飯でお米を食べないため、野菜が多めの傾向があります。

当初のシチュー盛り付け画像がコチラ↓


あれ?なんか、シチューが、中華炒めになっている
オットからの「シチューにチンゲン菜は入らないし、パプリカのせすぎ」

という忠告に、ハッと我に返り。。。
彩りを重視したのが、裏目。

盛り付けテクニックは、これから磨いていこうと思う夜なのでした。

<ポリ袋クッキング 12回サイクルフリー ¥880>

byぺこり

お問い合わせ

取材・商品貸出・ニュースクリップ送付希望等など広報あてのお問い合わせはこちらから
お問い合わせ

お知らせ

2014/3/31以前の記事は、消費税率5%を含んだ税込価格を表記しています。変更後の価格は商品詳細画面でご確認ください。

ブログスタッフ
プロフィール

かとリーヌ部長かとリーヌ部長
日々「何か面白いことないかな~」「何か面白いことしたいな~」と考えている自称“おもしろ発掘家”。だから、物事を面白いかそうでないかで決めてしまいがちなのが、たまにキズ。でも、一緒にいると飽きさせませんよ。
A・A美A・A美
ベルメゾンのカタログならスミからスミまで熟読している勉強家(?)だけど、自分自身が「コレはスゴイ!」と思ったものしかお勧めしない頑固者でもあります。だから、彼女のお目にかなった商品なら間違いなしですよ。
たけしたけし
いつも冷静に物事を達観している風だけど、実は熱いハートの持ち主。「コレは!」と思った情報をキャッチした時のフットワークの軽さはピカイチ。千趣会の男性らしく女性には優しくダンディな一面も持ち合わせてますよ。
アワジンアワジン
パッと見は怖そう…なんて言われることもあるそうな。その実は心優しい小心者…いえいえ劇団に所属していたり、撮影旅行に出かけたりとアクティブな一面も併せ持っています。面白いことが大好きな愛すべき男(のコ)。
五本指みどり五本指みどり
5本指ソックス愛用歴3年の5本指マニア。 緑色が好きすぎて、日々緑色のグッズにまみれて生活中。 仕事に対してはおおむね前のめりだが、あまり周囲には伝わっていない模様。 特撮とゲームをこよなく愛する残念なバツイチ。
はゆゆはゆゆ
秘湯を求めて日本全国津々浦々。温泉に行かない週末は等々力もしくは都内どこかのサッカー場に出没。 メイク直しには、マンスリークラブで大人気のあぶらとり紙『映(はゆ)』が必需品です。愛用歴10年以上。
シュウジシュウジ
気は小さいけれどサービス精神旺盛な「ナーバスエンターテナー」テニスで焼けた黒い顔で、コミックバンドのボーカルをつとめます。シュウジの特技はお習字。シュージじゃなくてシューズの開発に長年携わり、上級シューフィッターの資格を持つ。どっちもあまり役に立たない。
ミユキングミユキング
(産休中)

千趣会公式Facebookページ

  • ウーマンスマイルカンパニー SENSHUKAI
  • ベルメゾンデッセ
  • ベルメゾンネット
  • ベルメゾンカタログ
  • ベルメゾンのお店
  • ベルメゾン公式 Facebookページ
  • ベルメゾン公式 Twitterアカウント
  • ベルメゾン公式 mixiページ
  • ベルメゾン公式 Google+ページ