• 2013年12月17日

ベルメゾンオリジナルのカタログギフト「MUSUBI」、「MUSUBIウエディング」の撮影現場に突撃してきました!

こんにちは!広報室のなつこです


今回はベルメゾンオリジナル、旬の選べるカタログオーダーギフト「MUSUBI」と「MUSUBIウエディング」のカタログ撮影現場に突撃取材してきました~~


MUSUBIベルメゾンオリジナルの総合版カタログギフト。定番ブランドやコスメ、体験、グルメなど、どなたにも喜ばれる品揃えになっていて3,150円~11,025円(システム料、税込)の6つのコースを取り扱っています出産の内祝いや各種内祝い、お祝いや季節のご挨拶にピッタリです





そしてMUSUBIウェディング」ベルメゾンオリジナルの結婚式の引き出物専用のカタログギフト。MUSUBIのウエディング専門カタログとして約3年前に誕生しましたこちらもMUSUBIと同じく3,150円~11,025円(システム料、税込)の6コースを取り扱っています



中でもMUSUBIウエディングは、どなたにも喜ばれる定番のアイテムから、今だから食べたい、身に着けたい季節のアイテムや、結婚式の引き出物にふさわしいギフトを幅広いジャンルから厳選して取り揃え、もらって嬉しい旬のブランドものを多数取り扱っています
 
 

どちらのカタログも品数も豊富な定番の「グランドカタログ」と季節によって選べる商品が替わる「シーズンカタログ」の2冊セットでお届けしています。ちなみに季節カタログは春夏(3月~8月)、秋冬(9月~2月)の年2回発行されています
 

そして今回突撃したのは、MUSUBIとMUSUBIウエディングの「グルメ商品」撮影現場 12月某日、都内の撮影スタジオに突撃してきました!きれいなスタジオの入り口を抜けると、、、そこにはキッチン付きの広いスタジオがありました!

 
 
 
 
カメラがセッティングしてあり、右側の白いカーテンの奥にはキッチンがあります。
 
 
さらに奥にも撮影スタジオがあり、所狭しと撮影する商品が並んでいます  
 
 
カタログ撮影のラフコンテが壁に貼られています。このラフ案に沿った雰囲気、デザインで写真の撮影が進んでゆきます。
 
 

このように細かくレイアウトがデザインされているのです。
 
 
しかし、あくまでラフ(予定)なのでその現場で実際の商品を撮影しはじめると、雰囲気が変わったり、もっとこうした方が素敵なのではというスタッフの意見で商品の見せ方が変わるということも多いのだとか  
 

私が取材した時にスタジオで撮影していた商品はMUSUBIウエディングに掲載される「旬:粒いちごジャム」というもの。

 
 
 
なんとジャムをより素敵に見せるためにパンケーキを焼いて、お皿に盛りつけて撮影するのです
 
 
 
机の上には盛り付けられたパンケーキや小物。
 
 
商品をセッティングして撮影をしたら、MUSUBIカタログのスタッフ、スタイリストさん(撮影商品とその周りの小物すべてをコーディネートをする方)、フードコーディネーターさん(お料理を作ったり盛り付けする方)カメラマンさん全員でモニター画面を見て商品の映りをチェックします
 
 
 
みなさん真剣にモニターをチェックしています。
 
 
全スタッフが意見を出し合いながら、「イチゴが1粒足りないかな~」ということで、フードコーディネーターさんがほんの少しパンケーキにジャムを垂らしパンケーキの表情を変えて、いちごジャム一番美味しそうに見えるようにするのです。
 


いちごを一粒増やしています。(こ、細かい・・・

そして、再度撮影しスタッフ全員でチェック。

OKがでました  
 
このように細部にまでこだわって、出来上がった写真はこちら~~~素敵 写真は女性に喜んでもらえるような可愛らしい、キレイな写真にこだわっているのだそう。

 

 
 
一つの商品の撮影が終わると、また次の商品を作り、盛り付け、コーディネートして撮影をします。
商品を作り
 
 
コーディネートして飾り付けて
 
 
撮影して
 
 
画像を確認して
 
 
調整をして
 
 
素敵な写真ができあがります!
 
たくさんのスタッフが関わって、1つの商品のイメージ写真ができあがるのですね~。
 
 
そして忘れてはならないのがパッケージの写真 イメージの写真が撮影されている隣のスタジオで、ほぼ同時進行で商品パッケージの写真が撮影されています。
   
 
このように撮影した写真が最終的にこのようなカタログのページになるのです
 
 

今回突撃取材させていただいた、グルメ商品の撮影は1日に15点くらい撮影されるそう。

雑貨などは1日20~30点撮影するそうなので、グルメの商品がいかに手間や時間のかかる
撮影かということがわかりますね
 
贈られた人がワクワク、ドキドキするページを作るために日々関わった人みんなが全力で頑張っているのです ここまで見ていただくと、MUSUBIウエディングのカタログは可愛いし、見ているだけでも楽しそうというのはわかったけど、女性だけが楽しめるものじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
実は、昨年より男性向けの商品を強化し、男性にさらに満足していただける品揃えになったのです。

 
 
メンズのスキンケアアイテムやステーショナリー、ファッショングッズもありますよ。モノにこだわりのある、おしゃれな男性もこれなら満足していただけそうです  
 
 
今回撮影を見て感じたことは、本当~にMUSUBIとMUSUBIウェディングのギフトはこだわった商品が揃っているということ
あまりに商品のセレクトが好きすぎて
「MUSUBI」と「MUSUBIウエディング」本当にイイ可愛いとカタログ担当の方に熱く語ってしまったのでした。(担当者さんごめんなさい。笑)

 
セレクトする商品も、カタログにもこだわって作られたベルメゾンオリジナルのカタログギフトMUSUBIとMUSUBIウエディング。
 
大切な方への贈り物にいかがでしょうか
総合版カタログギフトのMUSUBIはこちら>>>>

結婚式の引き出物用カタログMUSUBIウエディングはこちら>>>>>

その他グルメカタログギフト、スイーツカタログギフトはこちら>>>>>

「MUSUBIウエディング」はなつこも、いつかお嫁に行くときに使いたいなっ! (いつになることやら・・・)なつこの突撃訪問シリーズ、次回もお楽しみに~~
 

 

byなつこ

バックナンバー

お問い合わせ

取材・商品貸出・ニュースクリップ送付希望等など広報あてのお問い合わせはこちらから
お問い合わせ

お知らせ

2014/3/31以前の記事は、消費税率5%を含んだ税込価格を表記しています。変更後の価格は商品詳細画面でご確認ください。

ブログスタッフ
プロフィール

かとリーヌ部長かとリーヌ部長
日々「何か面白いことないかな~」「何か面白いことしたいな~」と考えている自称“おもしろ発掘家”。だから、物事を面白いかそうでないかで決めてしまいがちなのが、たまにキズ。でも、一緒にいると飽きさせませんよ。
A・A美A・A美
ベルメゾンのカタログならスミからスミまで熟読している勉強家(?)だけど、自分自身が「コレはスゴイ!」と思ったものしかお勧めしない頑固者でもあります。だから、彼女のお目にかなった商品なら間違いなしですよ。
たけしたけし
いつも冷静に物事を達観している風だけど、実は熱いハートの持ち主。「コレは!」と思った情報をキャッチした時のフットワークの軽さはピカイチ。千趣会の男性らしく女性には優しくダンディな一面も持ち合わせてますよ。
アワジンアワジン
パッと見は怖そう…なんて言われることもあるそうな。その実は心優しい小心者…いえいえ劇団に所属していたり、撮影旅行に出かけたりとアクティブな一面も併せ持っています。面白いことが大好きな愛すべき男(のコ)。
はゆゆはゆゆ
メイク直しには、マンスリークラブで大人気のあぶらとり紙『映(はゆ)』が必需品。愛用歴10年以上。週末は日本全国の秘湯♨やサッカースタジアムにお出かけします♪
シュウジシュウジ
気は小さいけれどサービス精神旺盛な「ナーバスエンターテナー」テニスで焼けた黒い顔で、コミックバンドのボーカルをつとめます。シュウジの特技はお習字。シュージじゃなくてシューズの開発に長年携わり、上級シューフィッターの資格を持つ。どっちもあまり役に立たない。
ミユキングミユキング
2017年4月、二度目の育児休暇から戻ってきました!!現在、4歳1歳の男の子のママ。得意ジャンルは、妊娠・育児・園生活関連商品!ママさんへのお役立ち記事をどんどん紹介していきますよ~♪
シャッキサキシャッキサキ
小学生~高校生と3人の子どもがいるので、これがあったら家事がラク!なグッズやこれだけでおしゃれ♪なファッションが大好きです★
ハギーハギー
飲み歩き&B級グルメが趣味の50代オタクオヤジ。最近は家飲みも始めたので、酒の肴作りのため台所や冷蔵庫を占拠し、妻にウザがられている。モットーは「面白き事も無き世を面白く」

千趣会公式Facebookページ

  • ウーマンスマイルカンパニー SENSHUKAI
  • ベルメゾンデッセ
  • ベルメゾンネット
  • ベルメゾンカタログ
  • ベルメゾンのお店
  • ベルメゾン公式 Facebookページ
  • ベルメゾン公式 Twitterアカウント
  • ベルメゾン公式 mixiページ
  • ベルメゾン公式 Google+ページ