今回は、私たち広報室が実施したPRベントのお話。

さる10月10日(水)に東京・大崎の東京オフィスの会議室で

   新商品 ダウン素材コレクション
“ベルメゾンダウン祭り”
     プレス説明会

を開催しました。

なぜに“ダウン祭り”かと申しますと・・・

2012年ベルメゾンのダウン素材の商品は、なんと約40型ものバリエーションが揃っているのです。

コートはもちろんのこと、

パンツ、スカートにルームシューズ

動ける寝袋(イケメン風マネキンが着ている)と半てん

そして、バッグまで

いまやダウンは、冬の防寒には欠かせない素材であり、身近な生活シーンで活用できる商品ということなんですよね。

今冬は、ベルメゾンのダウン素材商品について知ってもらいたいという想いが、この説明会なのです

テーマを決めて半年に1回、メディアの方々お越しいただいて、商品説明会を開催しています。

で、せっかく20名近くものメディアの方々がいらっしゃるのだから・・・ということで、その他にも現在のイチ押し商品も展示。

新発売の極上ホットコットホットコットの新ラインナップ
(窓辺に寝そべってリラックスしている女性は、極上ホットコットと動けるダウンを着用)

マンスリーで販売している 超大ヒット商品スープなしあわせの「ぎゅっとしあわせ2012」

そして、私も愛用!(すっごくいいです・・・この話題はいずれまた)
女性用育毛剤「月女髪」などのルナラボシリーズ

商品を、たくさ~ん展示していよいよ説明会の始まりです。

説明会では、元気になるウェルカムドリンクをお出しした後に、
「ダウン商品に関するお客様アンケート(ベルメゾン生活スタイル研究所調べ)」の調査結果を発表。

女性1707名のアンケートによると、いまや75%以上の方が冬のアウターとしてダウンを必要だと回答。

そして、ダウンコートを持っている人の63%以上の方が2着以上を所有されているそうです。

ほう・・・

たしかに・・・自分のことを振り返っても、軽くて暖かいから、他のコートよりダウンコートを着る機会が確実に増えている。

みんな、そうなんですね。

アンケート結果に続いて、当社のファッション開発部 アウターウェア開発担当者SHIGIさんによるダウン素材・商品コンセプトについて説明。

(写真ボケちゃいました。ごめんなさい)

今冬ベルメゾンのアウターウェアは、「2着目のダウン」がテーマ。

他にはないトレンドをとらえたデザイン性の高いラインナップになっています。

素材も、フレンチダウンという高級羽毛を使っているのも大きなポイント!

記者の皆さんも熱心に話を聞き入ってくださいました。

質疑応答では、途中でお出ししたスープを飲みながらのリラックスした雰囲気の中で、たくさん質問をしていただきました。

説明の後は、展示した商品を自由にみていただき個別質問にお答えしました。

この日、お越しいただいたメディアの中で、3社が早々に記事にしてくれるとのこと。

ベルメゾンのダウン素材の魅力、ひとりでも多くの方に伝わりますように・・・。

おまけ:
その週末10月13日(土)にも品川で開催された女子イベントでダウンコートの展示をしました。


会場では、最新CMも流れました。