千趣会の保育所運営事業会社 千趣会チャイルドケア

2019年4月1日 認可保育所

「えがおの森保育園・あさがや(仮称)」新規開所


株式会社千趣会(本社:大阪市 代表取締役社長:星野裕幸 以下千趣会)の子会社で保育所運営事業を行う株式会社千趣会チャイルドケア(本社 東京都品川区 代表取締役社長 梶原健司 以下チャイルドケア  http://www.senshukai-childcare.jp  )は、2019年4月1日に東京都杉並区に認可保育所「えがおの森保育園・あさがや(仮称)」を開園します。これによりチャイルドケアが運営する保育所は全国で11園目となります。

【保育園概要】

施設名  :えがおの森保育園・あさがや(仮称)
開園日  :2019年4月1日(予定)
所在地  :東京都杉並区阿佐谷北4丁目21番(以下未定)
定員   :60名(1歳児 10名、2歳児 11名、3歳児 13名、4歳児以上 26名)
開園時間 :月曜日~土曜日 7:30~18:30(延長保育:18:30~19:30)
日曜日・国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)は休園
職員数  :15名程度(保育士)
建物構造 :鉄骨造 地上4階建て(保育室は3階まで)
建物面積 :延べ床面積 401.35㎡

杉並区は子育て支援の重要なテーマである「待機児童ゼロ」を継続するため、必要な施設の整備等に注力されている地区です。今回開園予定の園は、利用者の多いJR中央線阿佐ヶ谷駅より徒歩11分の商店街沿いの立地に、保育園専用建物を新築します。子どもたちにとってのびのびと過ごせる場所となるよう、また保育者にとっても安心で安全な保育環境が確保できるように整備を進めてまいります。

チャイルドケアでは、2013年より東京都内、千葉県内で計7園(保育園専用建屋4園、ビルインタイプ3園)、大阪市内で認可保育所1園、企業主導型保育所1園を整備運営しております。杉並区においても行政サービスの一助となれるよう、待機児童の解消に向け微力ながら取り組んでまいります。

千趣会およびチャイルドケアは、お預かりする子どもたちのみならず、保護者の皆さま、従業員である保育士、近隣にお住いの皆さまなど、子どもと子育てにかかわるすべての方に笑顔が届けられるよう、子育て支援サービスに力を注いでまいります。

Download


※プレスリリース PDF (223KB)