こんにちは たけしです

 

我が家は〝結露〟がすごいので、毎朝窓や玄関ドアなど拭くだけでも結構時間がかかります。

この冬は特に寒かったので、結露も半端なく、窓枠の上部に付いた結露が降ってくるほどです。

最近は少し春っぽくなってきて、結露の付き方がマシになりましたが、結露が多いと〝カビ〟も出やすくて困っています。

 

 

そこで、今回ご紹介させていただくのはこれです

スゴ落ちカビ取りジェルスプレー



990円(税込)200ml

 

このカビ取りのすごいところは〝高濃度密着ジェル〟なので、これまで落ちにくかったカビにスプレーするだけで、ピタッと密着して液だれしにくいこと。短い時間では落ちにくいカビに長時間貼りつき分解・漂白します。しかもジェルが薄いピンク色なので、どこにスプレーしたか分かりやすく、洗い流し忘れがありません。

 

では、我が家での使用例を見ていただきましょう。

 

まず、浴室ドアの取っ手は、パーツのすき間の汚れがとれにくく意外と〝難敵〟でした。


通常の液体タイプのカビ取りだと、古い歯ブラシなどで擦るしかありませんでしたが、それだと浸透する時間が足りないせいかほとんど効果がありませんでした。

 


このようにスプレーすると薄ピンクのジェルがピタッと貼りつきます。

このまましばらく放置。どれくらいの時間が必要かは経験が必要かもしれません。

10分くらいで一度洗い流したら、あまり落ちていませんでしたので、3時間くらいほおっておきましたところ

 


このようにかなりきれいになりました。

汚れが全く見えない、新品状態とは言えませんが、まずこれなら〝きれいになった!〟と実感が湧きます

 

 

また、浴室で一番問題だったのが〝風呂フタ〟でした。

いろいろカビ取り剤も試しましたが、「硬めのブラシでこすると少しきれいになる」と言うのがこれまでの実績でした。


 

全体に汚れが付着して汚い状態

特に取っ手の周囲はかなり汚れが目立ちます


 

これにあちこちスプレーしてみました


 

やはり、長時間置いたほうが良さそうだったので、5時間放置

 


見える部分の汚れがほぼほぼなくなり、かなりきれいになりました

これならまだ当面買い替えなくて良さそうです

 


せっかくなので、もう一枚の風呂フタもきれいにしました

これで、1枚だけ汚い、と言う事態を回避

 

 

ただ、ふたの周囲のゴム?部分はもう無理なんじゃないかと思える状態だったので、長時間でトライしたかったのですが、今回は時間が取れず、短時間しか試せませんでした。


 

やはり、10分程度だとほんの少し汚れが薄くなったかなと言うレベル

このジェルはやはり長時間使用で本領を発揮するタイプのようです

今度時間をかけてきれいにしてみたいと思います

 

 

このジェルが使用できるのは、洗い流せる場所が基本となりますが、気になっていたキッチンのタイル壁でも試してみました。

水をたっぷり含んだ雑巾で拭くつもりで使ってみました。

 


目地がかなり黒ずんでいます

 


ここにジェルをスプレーし数時間

 


なんと、知らなかった事実を発見

カビで黒ずんでいたのではなく、目地は元々濃いブルーグレーだったようです

そこになんと白カビがこびりつき、まだら模様になっていたのでした

それがなんとこんなにきれいに!

 

簡単に取れそうもないカビ汚れに、少し時間はかかりますがかなり効果的だったこの「カビ取りジェルスプレー」

使用できない場所がありますので、記載しますね。

ホーロー、アルミニウム、真鍮等の金属製品、木製品、壁紙、砂壁、繊維壁、クロス壁、漆喰壁、ユニットバスの化粧板壁(磁石がつくタイプ)、十分なすすぎ作業が出来ない箇所、獣毛のハケやブラシ、網入りガラスの窓枠

 

使いたい場所をご確認の上、ご検討下さい。