こんにちは、はゆゆです。

今回、ご紹介するのは、冷えとり日和365の新商品

温活習慣のためのおいしい雑穀米

 

女性にうれしい栄養素が豊富な8種類をセレクトし、温活習慣にぴったりのオリジナルブレンド雑穀米に仕上げました。

 

それでは商品を詳しく紹介しますね。




 

まず、
なぜ温活習慣に雑穀米がよいのか。
温活習慣のためのおいしい雑穀米を共同開発した
管理栄養士 高橋未樹先生 によると、

ごはん主体の食事は日本人にあった食スタイル。エネルギー効率のよいごはんを食べて代謝を上げ体温を上げれば、冷え取りにつながるとのこと。そして、ごはんに含まれる炭水化物をエネルギーに変えるのに必要なビタミンミネラルほか、食物繊維などいろんな栄養素を含むスーパーフード「雑穀」は、ごはんに加えるだけで手軽にとりたい栄養素を摂取できるのでおすすめなんだそう。


 

温活習慣のためのおいしい雑穀米では、高橋未樹先生監修の元、
食物繊維、ビタミンB6、鉄、マグネシウムなど女性にうれしい栄養素が豊富な8種類の雑穀米をセレクト

 

白米のみ炊いたごはんと比べると、温活習慣のためのおいしい雑穀米を加えたほうが
女性にうれしい栄養素を豊富に摂取できることがわかりますね。

 

ブレンドした雑穀米は、国内産100%なのもうれしいポイント。
日本全国の信頼できる農家で栽培されたものを使用しています。


 

先生曰く、雑穀ごはんを主役にすれば、卵や大豆製品、肉、魚などのたんぱく質の一品具だくさんのお味噌汁で、栄養バランスのよい食事を可能にしてくれるので、お仕事や子育てなど忙しい女性の頼もしい味方になるんですって。

 




 

では、いただいてみます。

 

洗ったお米2合に大さじ1~4杯の雑穀米を混ぜ、通常のお水を加えて炊きます。なお、雑穀の量はお好みで調節でき、今回は白米2合に大さじ4杯を加えました。

 

炊飯器がピロピロいうまで待つこと数十分、、、

 

ほんのり桜色薄むらさき色のごはんがほっかりと炊き上がりました

 

もち種が多いから、もちもちとした食感がおいしい。

 

炊き立てのごはんもおいしいけれど、冷めてもおいしくいただけます。

なので、
これからの行楽シーズンのお弁当にもおすすめです

 

たとえば、にぎって大葉の塩漬けで巻いて、桜餅のようなおにぎりに。

 

お稲荷さんの中にそのまま詰めてもいい感じです。

 

 

また、冷えとり日和365の人気商品

薬膳料理研究家パン・ウェイ先生監修
蒸ししょうがのはいった温活カレー
とも相性



“蒸ししょうが”パウダー
入りの食欲そそる温活カレー
おすすめです

 




 

毎日食べてほしいから、おいしさにこだわりました

温活習慣のためのおいしい雑穀米
冷えとり日和365 ¥1,240(税込)


 

ぜひお試しください