寒さのあまり最近少し身長が低くなったような気がするアワジンです、こんにちは。

アワジンちの寝室は北向き。
築年数も古いので隙間風がピューピュー吹いています。

おかげで体感温度は外よりも寒いです。ひと晩寝ると寒さで身体が縮こまります。
冬が終わるまでにどのくらい縮むのでしょうか。

 先週の雪もすごかったです

 

 

―――

さて本題。
我が家にあるフライパンたち。

 

 

このフライパンって、洗ったあと置くところに困りませんか?
 洗ってます

 

 

とりあえず食洗機の中に置いたりして。

 

 

そこで!

 

てってれー♪

珪藻土のフライパン置き(4,990円・税込)

 

ここ数年、バスマットでブレイクした珪藻土(けいそうど)で出来ています。表面はアレですね、側溝の鉄板のフタの模様と同じですね。


側溝の鉄板のフタ(チェッカープレートっていうらしいです)

 

 

使い方は簡単。五徳の上にセットします。それだけ。

 

そして、こう。

 

珪藻土が洗ったフライパンについた水滴を吸収してくれます。

 

水滴を吸った珪藻土はこんな感じ。

 

 

1分後

 

 

5分もすれば、きれいに乾いています。

 

水切りカゴに置くと場所を取るので、こうして五徳に置くのは省スペースにも一役買いそうですね。
直径26cmのフライパンもちょうどいい感じに。

 

 

さらにひっくり返して

 

テーブルの上に置けば

 
鍋敷きとしても使えます。

 

バスマットだけではない、珪藻土の新しい使い方。
ちょっと便利そうでしょ?!

ぜひオススメしますよ~~!

珪藻土のフライパン置き(4,990円・税込)

 

※おまけ

ところでこのレリーフ面、よく見たら砂漠の風紋に見えませんか?

今回ご紹介する珪藻土のフライパンは他にも「水切りマット」や「傘置き」、それにお風呂場で使う「ディスペンサートレイ」などのシリーズがあります。

 


珪藻土の水切りマット

 


珪藻土の傘置き

 


珪藻土のディスペンサートレイ

 

このシリーズ名が「savac(サバック)」。砂漠のように乾くイメージです

 

以上、こんな使い方があったのか!と目からウロコなアイテムたちでした♪