こんにちは、シュウジです。

年が明け、当たり前のようにはや、2週間近くが経ってしまいました。

遅くなりましたが、新年一発目ということで、昨年に続きシュウジは習字からスタートさせていただきます。

 

昨年の書き初め

 

 

今年はずばり、これです!

 


 

なぜ?

 

昨年の終わりにすでに発表されたように、当社はこの度過去最大規模の希望退職を募り、結果134名もの仲間が間もなく会社を去ることになりました。

「家族のような会社」を表明し、従業員を本当に大切にしてきた会社。

やむを得ないこととは言え、多くの家族を失うことになるのは、残る側からすれば本当に辛く、さびしい限りです。みな口をそろえて「いい会社だった。」と言い残し、一人二人と去って行こうとしています。

 

自分も含め、人生の岐路に立たされた多くの仲間が大いに悩み、それぞれの事情やそれぞれの価値観により、大きな決断をしたちょうどそのころ。

私は社会貢献活動の仕事で岩手県陸前高田市に赴きました。

子育て支援イベント「ママフェス2017 in 陸前高田」に参加してきました

 

東日本大震災で壊滅的な被害を受けたこの地域では、たった1本だけ生き残った

「奇跡の一本松」が話題になりました。保存のために手が加えられてはいましたが、それはその時もまだ同じ場所に立っていました。とても堂々と、立派に見えました。感動しました。

 


 


 

「あー、たった一人でも残って立つ勇気が自分にもあればなあ。」と思いました。

 

鳥が巣を作っていました。


 

たった一人でも、だれかの役に立っているこの一本松から、なんだか温かいものを感じ、何より「勇気」をもらった気がしました。

 

考えてみれば、経営者としても今回のことは相当に「勇気」が必要だったと思います。

そして、長年勤めた居心地のいい「家」を去り、新たなステージへ旅立つ決断も「勇気」

去って行く大切な仲間の分までここに残ってがんばる決断もまた「勇気」

 

私事ですが、今年の年賀状にも「勇気」を書きました。

 


 

 

何気なく、ベルメゾンで「勇気」と入力して検索してみました。

トップに出てきたのはこれ。


 

おー、これは快適すぎて「人をダメにするシリーズ」で大好評の「みのむしビーズクッション」じゃないですか!

みのむしビーズクッション

 

なんでこれが勇気?

商品コピーを見ますと、「ひとたび寝転ぶと起き上がるのに勇気がいるほど。」なんだそうです。

【ダメ人間を誘(いざな)う魅惑のアイテム】みのむしビーズクッション

 

気持はわかりますが、ここはひとつ、今までずーっと当たり前のように暮らしてきた温かく居心地のいい「家」で「家族」に甘えてばかりいるのではなく、たった一人でもそこから飛び出して行ける「勇気」を持ちたいものです。

 

当社にとってとても重要な年になる2018年。

従業員一同、新たな気持ちで「勇気」を持って世の中に貢献できるよう邁進してまいります。

 

今年も何卒よろしくお願いいたします。