• 2017年11月24日

子育て支援イベント「ママフェス2017 in 陸前高田」に参加してきました

先週、初めて岩手県陸前高田市を訪れたアワジンです、こんにちは。

 奇跡の一本松

2011年に発生した東日本大震災では1,757名(※)もの尊い命が失われ、又は行方が分からないという甚大な被害のあった場所です。(※平成26年6月末時点・陸前高田市HPより)

街は現在、最大で12メートルものかさ上げ工事の真っ最中。本当に少しずつ少しずつ、前に進んでいます。

――――

さて本題。

先週11月19日(日)、『ママや女性が、笑顔で元気になれる場所を☆ 「パワーがもらえる」そんな場所を自分達でつくっちゃおう!』ということで立ちあがった団体【ママのぱわーすぽっと陸前高田】が主催した子育て支援イベント「ママフェス 2017 in 陸前髙田」が行われ、千趣会も出展してきました。

これは、千趣会の東北復興支援活動「東北ハハトコかけはしプロジェクト」活動の一環です。

 

場所は陸前高田市コミュニティホール。ここは2年前にシンガポール政府からの支援を受けて完成したそうです。


 

 

会場では手作りの雑貨が販売されていたり

 

 

消しゴムハンコで小物を作るワークショップとか

 

 

タイの古式マッサージが受けられるブースも。

 

 

もちろん、お子さまの遊びスペースも充実でした。

 

 

朝から本当に多くの家族連れでにぎわいました。

 

 

そんな中、千趣会は毎年恒例の「家族deフォト」を行いました。プロのカメラマンが家族を撮影して、その場で写真をプレゼントするというもの。

 


 

 その場でプリントしました

 

 

そこには素敵な笑顔が

 

みなさんキラキラしていますね。見ている私たちもシアワセな気持ちになります。
 
 
 

中にはお腹の赤ちゃんと一緒に撮ったママも。

 

そして親子4世代のご家族も!

 

本当に多くの皆さまにお越しいただき、49組154名もの笑顔の写真を撮らせていただきました。

 

このイベントを主催した【ママのぱわーすぽっと陸前高田】の代表・板林恵さん。仮設住宅でふたりのお子さまを育てるママです。いろいろとお話を伺いました。

 

 

―――今回で第4回目を数える「ママフェス2017 in 陸前高田」。このイベントを始めたきっかけは何だったんですか?
  震災で公園がなくなってしまって、子どもを連れて散歩しようにも復興工事のダンプカーがたくさん走っていて外で遊ばせるのがコワい、場所がない、という状況がずっと続いていました。
そこで自分たちができることからまずは始めようと、お母さんや子どもが楽しめる居場所やこうしたイベントを自分たちで企画しようと思って。待っているだけでは始まらないと感じて始めたんです。

―――今回は千趣会もブースで参加させていただきました。

 なかなか親子で写真を撮る機会がないので、ママたちはみんな喜んでいます。千趣会のおくるみ配布プロジェクト【かけはしおくるみ】で病院で配られたおくるみを持っている親子も多く来場したみたいで。撮影ブースの背景を見て「あ!この柄はウチのおくるみと同じだ!」と気づく方がたくさんいました。こうして繋がれるのはとても嬉しいですね。

千趣会の【かけはしおくるみ】プロジェクト ⇒ http://www.egaono-mori.jp/okurumi/index.html

―――それは参加した私たちとしてもとても嬉しいですね。今後、どのような活動をしていこうと考えていますか?

 東日本大震災から6年半経ちましたが、まだまだ元通りの街になっていません。陸前高田の街がだんだん復興してきて新しい街ができていく中で、私たちお母さん・女性目線を街づくりに取り入れてもらえるような活動も今後はしていきたいと思っています。

―――がんばってくださいね!ありがとうございました!

 

子どもたちの遊び場や居場所を与えられるのを『待つだけでは始まらない』と行動を起こした板林さん。今回のママフェスには約400名もの家族連れが来場したそうです。初めて日曜日に開催したということもあり、パパにも多くご来場いただけました。
また来年、この地で皆さんの笑顔に出会えますように!

by「親子deフォト」運営スタッフ

 

 

※これらの活動は、お客様からお寄せいただいた「えがおの森基金(ハハトコ東北基金)」によって運営しております。皆さまの温かいご支援、心より御礼申し上げます。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

byアワジン

  • 村谷志保 より:

    こんにちは。
    先日は陸前高田までお越し下さってありがとうございます。
    私は、スタッフの1人でおりました村谷志保と申します。
    実はその日に写真を撮っていただいたのですが、夫も私もいただいていないことに帰宅後気付きまして・・・。撮っていただいた写真は、「受け取りに来ました」と言わなければならなかったのですね・・・。残念でした。来年も来てくださったら、その時にはぜひ。

  • アワジン アワジン より:

    村谷さま
    コメントありがとうございます。
    撮影した写真ですが、アワジンの手元にデータがありますので
    (先ほどFBで村谷さまのお顔を確認させていただきました)
    メールでお送りいたします!

    awaji@senshukai.co.jp

    までご連絡いただけますでしょうか。

    お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします!

  • 村谷志保 より:

    おはようございます。
    返信遅くなって申し訳ありません。
    板林さんから連絡いただきました。わざわざありがとうございました。こちらの落ち度なのに、ご配慮感謝申し上げます。
    ありがとうございました。

バックナンバー

お問い合わせ

取材・商品貸出・ニュースクリップ送付希望等など広報あてのお問い合わせはこちらから
お問い合わせ

お知らせ

2014/3/31以前の記事は、消費税率5%を含んだ税込価格を表記しています。変更後の価格は商品詳細画面でご確認ください。

ブログスタッフ
プロフィール

かとリーヌ部長かとリーヌ部長
日々「何か面白いことないかな~」「何か面白いことしたいな~」と考えている自称“おもしろ発掘家”。だから、物事を面白いかそうでないかで決めてしまいがちなのが、たまにキズ。でも、一緒にいると飽きさせませんよ。
A・A美A・A美
ベルメゾンのカタログならスミからスミまで熟読している勉強家(?)だけど、自分自身が「コレはスゴイ!」と思ったものしかお勧めしない頑固者でもあります。だから、彼女のお目にかなった商品なら間違いなしですよ。
たけしたけし
いつも冷静に物事を達観している風だけど、実は熱いハートの持ち主。「コレは!」と思った情報をキャッチした時のフットワークの軽さはピカイチ。千趣会の男性らしく女性には優しくダンディな一面も持ち合わせてますよ。
アワジンアワジン
パッと見は怖そう…なんて言われることもあるそうな。その実は心優しい小心者…いえいえ劇団に所属していたり、撮影旅行に出かけたりとアクティブな一面も併せ持っています。面白いことが大好きな愛すべき男(のコ)。
はゆゆはゆゆ
メイク直しには、マンスリークラブで大人気のあぶらとり紙『映(はゆ)』が必需品。愛用歴10年以上。週末は日本全国の秘湯♨やサッカースタジアムにお出かけします♪
シュウジシュウジ
気は小さいけれどサービス精神旺盛な「ナーバスエンターテナー」テニスで焼けた黒い顔で、コミックバンドのボーカルをつとめます。シュウジの特技はお習字。シュージじゃなくてシューズの開発に長年携わり、上級シューフィッターの資格を持つ。どっちもあまり役に立たない。
ミユキングミユキング
2017年4月、二度目の育児休暇から戻ってきました!!現在、4歳1歳の男の子のママ。得意ジャンルは、妊娠・育児・園生活関連商品!ママさんへのお役立ち記事をどんどん紹介していきますよ~♪
シャッキサキシャッキサキ
小学生~高校生と3人の子どもがいるので、これがあったら家事がラク!なグッズやこれだけでおしゃれ♪なファッションが大好きです★
ハギーハギー
飲み歩き&B級グルメが趣味の50代オタクオヤジ。最近は家飲みも始めたので、酒の肴作りのため台所や冷蔵庫を占拠し、妻にウザがられている。モットーは「面白き事も無き世を面白く」

千趣会公式Facebookページ

  • ウーマンスマイルカンパニー SENSHUKAI
  • ベルメゾンデッセ
  • ベルメゾンネット
  • ベルメゾンカタログ
  • ベルメゾンのお店
  • ベルメゾン公式 Facebookページ
  • ベルメゾン公式 Twitterアカウント
  • ベルメゾン公式 mixiページ
  • ベルメゾン公式 Google+ページ