こんにちは、シュウジです。

 

11/1(水)当社の地元大阪、南堀江に

『BELLE MAISON LIFESTYLING(ベルメゾンライフスタイリング)堀江』


http://www.bellemaison.jp/cpg/interior/bellemaison_lifestyling/bellemaison_lifestyling_index.html

 

ならびに

『Gourmet Studio FOOVER(グルメスタジオフーバー)』


https://foover.jp/

 

グランドオープンいたしました!!!

 

 

遅くなりましたが、この日は午後から様々な業界関係者をお招きし、数々のイベントが行われましたのでレポートいたします。

 


 

ここです! 堀江公園に隣接しており、目立つのだ!

 

準備中の時から現場にお邪魔して、少し見学しながら写真パシャパシャ。


 


 

うーん、広ーい!!!

 


 


 


 

そして、おしゃれー。

 


 


 


 

 

さあ、お客様お迎えしますよ。

 

まずは、13:00より、広報部主催のプレス発表会。

新聞各紙の記者さん他、お集まりいただいたみなさまに、今回誕生した2つのお店について丁寧にご説明。

 

まずはベルメゾンライフスタイリング。


 


 

ライフスタイリングの目玉サービスは、プロのインテリアコンシェルジュによる、無料のインテリア相談窓口と


 


 


 

VR(仮想現実)体験だ!

みなさま大変興味を持っていただけたようです。

(詳しくはこちら

 

そして、真新しいキッチンスタジオへ移動して、シェフや専門家に学ぶ、

料理&グルメ上級者向けグルメスタジオ「フーバー」のご説明。


 


 

社長の星野からもご挨拶。


 

どちらのお店にも記者様方からは多くの質問をいただきました。


 


 

質問が多いということはそれだけ注目度も高いってことですよね!

すでにたくさん、記事にしていただいてます!

テレビでも紹介していただきました。


 

ありがとうございます!

 

さて、続いて15:00からはブロガーさん、アフィリエイターさんをご招待して、フーバーでシェフライブのレッスンを体験していただきました。


 


 


 


 


 

ふだん厨房で当たり前のようにやってることにも、見たことのない技が隠れていたり、参加者は驚きの連続。

シェフも当たり前のことにこんなに喜んでもらえてうれしいとのこと。

フーバーはこちら

 

そして、19:00からはテレビ各局、雑誌、食品業界、美食家、著名ブロガー、などなど関係者多数がご来場。

 


 

この度多大なるご協力をいただいております、フランス食材輸入業者(株)アルカンの檜垣社長による乾杯のご発声で、盛大に立食パーティーが開催されました!


 

 

想定以上の人数のお客様が来られたため、現場は一時騒然となっていましたが、ワインを片手にチーズのお勉強などもあり、みなさん非常にご満足いただけたようです。


 


 


 


 


 

 

ライフスタイリングのデザイナーのみなさま。


 

フーバーのシェフのみなさま。


 

その他大勢の方々のご協力と、たくさんの笑顔のおかげで、とても素敵なイベントになりました。


 


 


 

みなさま、今後ともこの2つのお店を、何卒よろしくお願いします!

 

すぐにわかる<イメージ動画>

ベルメゾンライフスタイリング堀江

https://youtu.be/jtBQO7SIHu8

グルメスタジオフーバー

https://youtu.be/Eh_feQXCSnc

 

 

実はこの日、11月1日は当社創業から62年を迎えた、創立記念日だったのです!

その記念すべき日にオープンした、今回の店舗の大きな目的は「顧客接点の拡大」そして「原点回帰」です。

 

「通販だからお客様の顔は見えない」なんて言ってられない。

こけしの頒布会から始まった千趣会は「こけし味蒐集の」がその名の由来ですが、当時から企業のOLさんたちに直接オリジナルのこけしを売りに行って、毎月これを集めていただくことが大流行したところから始まっています。


 

以来「お客様の声をもとに商品開発」を標榜しておりますが、本当にそうなのか?

今のままで十分なのか?

もっともっとお客様との接点を増やして、もっともっとリアルな声を聞かなければ。

また、こけし以上にヒットした料理カード「COOK」をはじめとした、食関連の商品も実に多くの女性に支持されてきました。


 

「千趣会=食と料理」というかつてのイメージを取り戻すべく、新たな手法で「食関連」の再生に挑みます。

 

「もっとお客様に寄り添う」

そして「お客様の気持ちに先回り」して、

本当に喜ばれる商品とサービスを提供していこうと、当社の62回目の誕生日だったその日、従業員一同、決意を新たにしたのでした。