こんにちは、ミユキングです。

10月といえば…ピンクリボン月間!


千趣会では、社内外で様々な活動を展開中です。

 


※この写真については、後程しっかり説明させていただくとして・・・

 

 

40歳以上の女性に、乳がん検診(マンモグラフィー)を受けていただける

無料クーポンを1000名様にプレゼントする企画や

 

乳がん無料検診クーポンプレゼント中(~10月19日まで)

http://www.egaono-mori.jp/pink/coupon.html


 

ベルメゾンのお店で、セルフチェックのリーフレットを計1200部配布


※セルフチェックの方法は以下で公開中

http://www.egaono-mori.jp/pink/check.html

 

現在、お届け中のベルメゾンのダンボールや梱包資材も

一部例外を除いてすべてピンクに彩られています


 

ピンクリボン活動、お客様に向けてこのように取り組みを推進しつつ、

でもこういった活動を広めるためには、まずは従業員から浸透させていくのも大切だと考えています
 

 

そこで、10月のとある日、

千趣会 社内ピンクリボンDAY を開催しました!


この日は、ピンク色の服や小物を身に着けて出社してね!という日。


陽気なピンクのおじさまたち。

 


ピンクがよく似合ってます! (mini laboのシモン君(ぬいぐるみ)もかわいい)

 

社内を見渡すと・・・


こんなに、こんなに、ピンク一色!


関連会社モバコレのヤングなメンバーたちもピンク!

 

 


食堂のメニューのさんまにも・・・ピンクリボン登場!

色々なものがピンクに染まりました。

 

さらには、10月7日(土)、ピンクリボン京都スタンプラリー&ウォーク

千趣会従業員&家族友人、関連会社JFRカード様と共に

計120名で参加


道行く人に、ピンクリボンのバッグで活動をアピールしました。


準備体操などのあと、京都東山の霊山観音をスタートして、

 


歴史的な街並みの中を歩く。

 


↑仲間でパチリ。(中央は千趣会広報マスコット?のアワキャット)

 

 

さて、ちょっと一瞬まじめな話。

いいでしょうか

 

 

ピンクリボン活動とは…


乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを啓蒙する活動のこと。

なぜ、乳がんの早期発見は大事なんでしょう?

 

それは、職場でも家庭・地域でも必要とされる40代50代が多くかかる病気だから。

 

それは、日本人女性の11人に一人がかかると言われている、とても身近な病気だから。

 

それは、早く見つければ、9割以上が治せる病気だから。


でも、普段からのセルフチェックや、定期的な検診で早く発見できれば、こわい病気ではないんです。

予防する方法はない、でも乳がんの兆候に早く気が付くことができるように、

ピンクリボン活動は行われています。

 

乳がんの基礎知識(えがおの森)

http://www.egaono-mori.jp/pink/breast/index.html

 

大切な女性のいのちを守るために行われる、ピンクリボン活動。

しかし、11人に1人がかかるという事実を前にして…

千趣会では昨年から、残念ながら乳がんにかかった当事者の方に対しても、

自分たちの強みを生かした形で支援が行いたいと、

乳がんの方のためのブランド「ビーリボン」を立ち上げ、

モニター会や改良を重ねながら、商品開発・販売を行っています。


▼ビーリボン

http://www.bellemaison.jp/beribbon


担当者の想いは、かなり熱いです。11月には新商品も発売予定。

 

すべての女性たちに健康でいきいきといてほしいという願いを込めて、

これからもピンクリボン活動を推進していきます。

 

最後に・・・

千趣会従業員のKさん。

ピンクの鉢巻に、ベルメゾンで購入したピンクのシャツ。


幽体離脱。


双子になった!受付嬢?


不思議なドリンクを飲んだら・・・


また分裂!


おしまい。社内ピンクリボンDAYの一幕でした。

(※Mさん、Kさん、ありがとうございました)