先日、ちょっと遅めの夏休みをいただいて台湾行ってきたアワジンです、こんにちは。主に野球関連のお店や台湾プロ野球を観戦してきました。
 なんとも味わい深いポスター

 

 

グッズショップでは公式球やキャップなどいろいろ売られていたのですが
 

ヘンなリュックに目が釘付けになりました。

 

 

また使い道に困る買い物をしました。
 これも旅の思い出

――――

さて本題

まだ初秋ですが、実は世間的にはもう「お正月のおせち商戦」が始まっております。

当社でも9月1日より「ベルメゾンオリジナルおせち」を発売しました。

そんな折、9月22日にベルメゾン生活スタイル研究所が運営するコミュニティサイト「ベルメゾンデッセ」主催の【おせち試食会】を開催したので、アワジンも試食させていただくことにしました。

 

ご参加いただいたのは、多数の応募の中から抽選で選ばれたベルメゾンデッセ会員の皆さん10名。

 

アワジンは「こっそり潜入取材」のつもりだったのに
 目立つわ

 

 

名札まで用意されていました。

 

 

そして今回試食するおせちはコチラ

オリジナルおせち 和洋中8寸・二段
16,200(税込) クール便手数料\200(税込)


 

なんかすごくおっきいですよね。8寸(約24cm)もある2段重です。

一般的には5寸(19cmくらい)だそうです

 

コレ、4~5名さまでも十分楽しめるたっぷりサイズですね。それによ~く見ると、一の重にはお正月の縁起物を中心とした「和」の定番食材にエビのトマト煮やカニ詰めなど「中華」の食材で彩(いろどり)豊かに。

 

 

そして二の重は生ハムチーズロールやローストビーフなどなど人気の洋風メニューがぎっしり!

これは「和」ばかりのものが詰められたおせちが敬遠されがちになっている中、お子さまでも喜んで食べられるようにと「洋風」を組み込んだのだそうです。

 

「これなら『おせち』としてはもちろん、気軽なオードブルとして年越しのシーンでもご利用いただけるようになっているんですよ」

 

 

突然話しかけられましたが、このひと今回のおせちの開発を担当したギフト事業部の高岡 良之。

 

「多くのおせちは、全国の様々な珍味業者や食材業者で製造されたパーツをひとつの盛り込み工場に取り寄せし、これを詰合せしている場合が多いんです。でもベルメゾンオリジナルおせちは、某有名ホテルやレストラン・料亭などのおせちを手掛けているメーカーが、1枚の薄焼き玉子であっても、自社工場で全て手作りをしており、和食工場、洋食工場、中華工場、スイーツ工場の各工場で自社開発したメニューを専門の職人が手造り、盛り込みをしています。言わば、『大きな家庭の台所』といったところですね」

 

和洋中それぞれ専門の職人さんが手作りしているってスゴイですね!


仕事を忘れて食べるアワジン

 

 

さすが専門の職人による手作り。本当に美味しいです。

箸が進みます

 

 

ベルメゾンデッセの会員の皆さまも、食材をひとつひとつ味わいながらの試食です。

 

いただいたご感想としては

「濃い味と優しい味が両方入ってて、食べていて飽きないですね!」
「洋風の食材は子どもも喜んで食べてくれそう♪」
「こんなにたくさんの食材は家でなかなか準備できないから嬉しいですね♡」


などなど、大満足いただけたご様子♪

このお正月、ぜひベルメゾンオリジナルおせちをご家族でお楽しみください!

 

オススメですよ~~!

 

オリジナルおせち 和洋中8寸・二段
16,200(税込) クール便手数料\200(税込)


 

 

10月10日までのご注文なら、10%オフクーポンを配布中!

↓↓この機会をお見逃しなく♪↓↓