7月になりました。蒸し暑い日が続いていますね。

気がつけば、2017年も半分が終わってしまいました・・・時の流れの速さに、なんだか焦りってしまいます
 

さぁーて、本日のブログは・・・
かとリーヌです
7月23日(日)に東京、汐留で開催される第7回KSHS全国大会の企業展示での千趣会(ベルメゾン)ブース出展のご案内です


一般社団法人KSHS(キチンと手術・ホンネで再建の会>>>HPは、乳がんと言われた日から、手術・治療そして 乳房再建に至るまで、女性としての尊厳を失わず、明るく乳がんと向き合っていくために、代表理事 溝口綾子氏が 2009 年、自らの罹患体験を機に立ち上げた乳がん体験者の会です。(KSHSホームぺージより)

 

そのKSHSさんでは毎年全国大会を開催されており、今年が7回目。

全国大会は、“見て!聴いて!触って!学べる!「乳がん治療のホンネ 2017」”をテーマに、乳腺外科・形成外科・病理科・放射線科など各分野でご活躍の著名な先生方を多数お越しになりご講演をされるほか、「患者同士の交流」「体験コーナー」「企業展示」など、“乳がん経験者の方向け”の見て聴いて触って みんなで学べる参加型イベントなのです。

当日は、沢山の乳がん経験者の方々が参加される予定の全国大会。

千趣会では、2015年より乳がん経験者の方々への支援を開始しており、昨年の第6回全国大会にもブース出展をしていました。>>>2016年ブログ

その際には、ちょうど乳がん経験者の方と一緒にブラジャーとバッグの開発を進めていたこともあり、出展ブースでは参加者の皆さんにもサンプル商品を見て触っていただき、ご意見をちょうだいした経緯があります。

そして、昨年10月には乳がん経験者向けベルメゾンオリジナルブランド「ビーリボン」を立ち上げ、無事商品販売にこぎつけることができました。

貴重なご意見をいただいた皆様には、ホント感謝!感謝!でした
 

その「ビーリボン」商品がこちら ↓







 

今回の第7回全国大会の千趣会(ベルメゾン)出展ブースでは、これらの商品を展示し、実際に「見て、触れて、試着して」いただく予定です。

さらに、現在「ビーリボン」では、オリジナル第2弾として新たな商品開発に着手しています。

それが・・・これもご要望の多かったケア帽子」です。

乳がん患者様のみならず抗がん剤治療の際に必要となる「ケア帽子」

今回は、商品企画に乳がん経験者の外部スタッフも加わり、肌あたりやオシャレ感、治療中の生活サイクルなどを考慮しながら、本当のニーズに応え、愛される「ケア帽子」を作る!と、心を込めて開発しています。

(生地カラー見本)

そこで、第7回大会の千趣会(ベルメゾン)ブースでは「ケア帽子」に関して、皆さんの率直なお声をちょうだいいたしたくアンケートを実施させていただきます。

当日は、開発進行中の「ケア帽子」3商品サンプルを展示させていただき、開発担当者が直接、参加者の皆様に商品のご説明&ご意見をお聞きします。

┌───────────────────────────────────
├○ 千趣会(ベルメゾン)ブースの出展内容
├○
├○  [1]【求むご意見!】
├○    開発中の新商品「ケア帽子」についてのアンケートを実施
├○          商品開発担当者にぜひあなたのご意見をいただけませんか?
├○
├○  [2]【今年はその場で買える!】
├○    乳がん経験者のためのオリジナルブラ&ショーツ、
├○    バスト用ビーズクッションパッドを展示即売
├○    ※試着スペースもご用意!
├○    ※展示のみの商品もありますがウェブショップから購入できます。
├○
└───────────────────────────────────

(ビーズクッションパッド)

7月23日(日)、千趣会(ベルメゾン)ブースには私も立っております
是非よろしくお願いします!

 

大会概要は下記のとおりです。

▼────────────────────────────────▼

1. 大会名称:KSHS 第7 回 全国大会 with 命の食事

2. 開催日時 : 2017年7 月23日( 日) 開催時間:10:00 ~ 17:00
9:30 開場(予定)

3. 会  場: 日本通運株式会社 本社ビル
〒105-8322 東京都港区東新橋1 丁目9 番3 号

4. 大会参加費:1 名 2,000 円

5.申込み方法:e+(イープラス)にて5 月より一般申込み受付中
http://eplus.jp/

6. 主  催: 一般社団法人KSHS( キチンと手術・ホンネで再建の会)
代表理事 溝口 綾子 大会実行委員長 吉岡 直美

7. テ ー マ :見て、聴いて、触って学べる「乳がん治療のホンネ 2017」

────────────────────────────────