こんにちは、たけしです

 

春がもうすぐそこまで、と思っていたら最近また寒いですね

一気に春とはいきませんが、天気予報では桜の開花予想が報道されたりして、冬も間もなく終わりかな

 

さて、本日紹介させていただくのはこれです

『波佐見焼きポット[日本製](BELLE MAISON DAYS)』

色は〝ベージュ〟と〝チャコール〟 サイズは〝小〟と〝大〟2種類あり

販売価格 小 ¥3,760 大 ¥4,990(各税込)

商品販売ページはこちらをクリック



※写真はベージュの小サイズ

 

手で触ると少し表面がざらっとしていて、素焼きっぽい感触が心地いい

 


ステンレス製の茶こし付き

 


素朴な佇まいがいいですね

 

波佐見焼きポットの取扱説明書にこんな説明がありました。

ナルホド!

《一目見た時に感じる素朴さは「焼きしめ」という製法によるもの。外側にはあえて釉薬をかけずに高温で焼きしめることで、素焼きに近い風合いをお楽しみいただけます》

 

 

ところで、ふたの上のつまみが特徴的な形だと思いませんか?

しかも真ん中ではなく端っこについている

これは、片手で注ぐ際にふたが落ちないように親指で押さえておくための工夫です



このように指を掛けて親指で押さえれば安心して片手で注げます

ちょっと手が小さ目の方は人差し指と中指を取っ手に入れて持つと親指が届きやすくなります

 

ポットの容量は、小280ml 大395mlですが、実用的にはもう少し少な目です

 


 

ポット内側にふたや茶こしを載せるラインがありますが、小サイズはそのあたりまでで250mlでした

普通にお茶を淹れる場合は200ml程度ではないでしょうか

ほぼパーソナルユースのサイズですね

小さ目の湯のみ茶碗で軽く2杯分でしょうか

複数でお使いの場合は大サイズをお奨めします

 

 

さて、お茶を淹れてみようかと思ったら、なんと我が家には普通のお茶がないのでした
 

普段、子供たち用に冷たいお茶を用意していて(冬でも)、煮出して淹れるティーバッグしかないことに今更ながら気が付いた次第

夕食の際は夫婦そろって何らかのアルコールを摂取していて、食後もまだ呑んでいることが多いからお茶は飲まないのでした

 

しかたないので、ティーバッグの袋を切って中身だけを茶こしに移してお茶を淹れてみました




 

左手でも全然問題なし、雑誌を読みながらでもいけそうです

 

お茶を淹れた後の茶殻の残り具合はこんな感じ

 


 

注ぎ口付近に多少集まってますが、2回目でも茶葉が出てきて困ることはありませんでした

 

ちなみに、ポットの内側は茶渋が付きにくいように、また洗いやすいように職人の手作業で釉薬が施されています

外側と違い、内側はつるっとしています


内側から注ぎ口まで釉薬仕様です

 

 

このポットは電子レンジ使用可なので、夜簡単に燗酒を用意してみました

※オーブン使用不可、食洗機使用可


 

気分はぬる燗かな


 

今日もゆったりと終了ですね


 

片手で注げる便利さと、その佇まいの良さが両立していて

ゆったり時間を過ごしたい時のパートナーになってくれそうです

 

 

 

 今回のおまけ 
 

我が家の3匹のねこのうち2匹が並んで食事中


 

でかい後ろ姿

実はこの2匹、体重はほぼ同じ5.3㎏なんです

だっこすると左はイメージ通りの量感、右はむちっと重くて持ち上げてびっくり
長毛はでかく見えるね!

 


横から


前から


 

 

なんとなく、何かに警戒しながら食べてるような・・・