こんにちは、たけしです

 

今回ご紹介の商品は 『30分でいろいろパンミックス』 です



販売価格 1,420円(税込)

 

内容は4回分の「パン用ミックス粉」と「ドライイースト」のセット


 

もうずいぶん以前に、ピザの台を手作りしたことがありますが、なんだか粉をこねる際手にねとねとくっついて大変だった記憶しかありません。なので、今回ちょっと気分が沈み気味でしたが、「救世主」がいました!

 

こね作業の救世主『シリコーンボウル』



販売価格 790円(税込)

とても柔らかな素材なので、パンの素材を入れたらシリコーンボウルごと手でこねて、生地が出来上がるまで手で直接触らなくてもいいんです。こね作業が終盤になると、生地が自然にシリコーンボウルの内側にくっつかなくなります。

 

では、食パンを作ってみましょう


材料は、パン用ミックス粉1袋(220g)、ドライイースト1袋(4g)、砂糖30g、無塩バター30g、卵黄1個、ぬるま湯(35~40℃)120ml。※無塩バターは室温に戻しておくと作業しやすい

 


 

これらの材料を全てシリコーンボウルに投入して、フォークなどで全体が混ざる程度にかき混ぜます。


この時、たけしはいい加減に混ぜてこね始めたので、シリコーンボウルからミックス粉が〝ぶふぉー〟と噴き出して大慌て。幸い少しだったので助かりましたが・・・。最初の混ぜ作業は少し丁寧に!

 

そして、5~10分ほど手でしっかりこねます


 

この時たけしはまたやってしまいました。

ボウルの外に材料がはみ出さないように丁寧にこねなければいけなかったのに、乱暴だったせいかボウルの縁にはみ出し、手が汚れてしまう結果に!


※この後、2回目は丁寧に意識してこねたら全く汚れず、きれいに出来ました

 


さて、終盤になるとこのように内側にくっつかず、まとまってきます。

 


生地完成! 画像で見ると、本当はもう少し表面が滑らかになるようにこねたほうが良かったかな
生地が冷えてたら、電子レンジで15~20秒くらい温めて、ひと肌程度にしてください

 


ふたつに分けます

 

ここで、もう一つの道具をご紹介

『食パン用焼き型(フタ付)』



 

小型だけど、食パンや山形食パンが焼けます

販売価格 1,680円(税込)

 

ふたをして焼くと普通の四角い食パンが、ふたなしで焼くと山形食パンができるそう

今回はふたなしで!


生地を投入して余熱なしのオーブンに入れ、250℃(またはオーブンの最高温度)で20分


焼けた!

けど、てっぺんが焦げてしまった

 


すぐに型から出すべし

完成、焦げは愛嬌と言うことで忘れよう!

なんだかちゃんと食パンです

 

さっそく我が家の、冬限定だるまストーブトースターでトースト


 

普通に売っている食パンより少し 〝重い〟 感じだけどとてもおいしい
 

 

このパンミックスの箱には基本のパンの作り方4種類が簡単に紹介されているだけ


 

これではもの足りないと思っていると、専用のレシピサイトが用意されていました

http://bellemaison.jp/30pan

 

ここでは基本パン10レシピや、総菜パンなど多数のレシピが出ているのと、新着レシピなんかもあって長く楽しめそう。

最初に作った食パンは、このレシピサイトで見つけた食パンの<リッチ>です

 

動画でパン生地の作り方もチェックできます。たけしも先にこれを見ておけばよかったと後悔。

https://youtu.be/8SlaOZ9yni0

 

 

また、オーブンが家にない方も、このパンミックスならフライパンでパンが焼けます

こちらも動画でチェックしてみてください

https://youtu.be/ty_FLC3XfjE

 

 

1回目の食パンで少しミスもあったので、今度はレシピ集から因縁のピザを見つけて再トライ


生地ができたらくっつかないよう打ち粉をして、麺棒で伸ばします

※我が家では「すりこ木」で代用

 


なんだか丸くない まあ四角いピザでもいいや

 


トッピングして

 


焼けたぞ!


ついでにバジルソース版も作ってしまいました

 

どっちも台がもちもちで、とってもおいしかったです

家族にもとっても喜ばれました
 

 

 今回のおまけ 
 

コレなーんだ 

 

裏もどうぞ


 

 

やっぱりキミだったのか