昨日、2月14日はバレンタインデーでしたね。

私、イイハナで、バレンタイン用のラスクのセットを購入しました。

それがこちら↓


このラスクがとっても美味しかったので、もう一個注文したいくらいと思い、昨日の夕方サイトを見たら、トップ画像のとおり、もうすでにホワイトデー用のページに変わっていました。

そっか~もらった人は、すぐに1ヵ月後のお返しを考えなきゃいけないんだ。

大変だ・・・なんて考えてしまいましたが。

そんなことはさておき。

その美味しかったラスクを私が所属する東京総務・広報部のメンバーと一緒に食べた時の話。

チョコとメープルのラスクのセットでしたが、メープルは自宅のお土産にし、チョコを10名のメンバーにまわして取ってもらいました。

ラスクは2種類各10枚づつ入っておりまして(一人2枚づつ)。

私が、なんだかお腹がいっぱいで1枚しか取らなかったせいで、最後に1枚残ってしまいました。


「どうぞ、どうぞ」なんて進めても、誰も手に取らない最後の1枚。

それを見て京都出身、この1月に東京に転勤になったMゆきさん(新婚です)が放った一言。

「遠慮のかたまりですね。」

そのとき、すかさず長野出身のAA美が「なにそれ?」

Mゆきさん:「って言いません?」

AA美:「初めて聞いた!」

そこに湘南ガール、裕こりん:「私も知りません」

私:「普通に言うんじゃない」

と、「全く最近の若い子は・・・」とまるで二人のボキャブラリーの少なさをあきれるように言ってみたものの・・・

二人:「知らな~い」(あっけらかん)

そんなとき総務のKさんが「『江戸っ子の一つ残し』とか言うよね」

全員:「しらない」

私たち広報のお仕事は“伝えること・聴くこと”を生業としたお仕事。

だから、言葉を大切にしているのです・・・ということで

「調べてみよう」

そしたら出てきましたよ。

大阪弁として。

詳しくはこちらのサイト>>>

「ええっそうだったんだ。方言だったなんて知らなかった」とは、Mゆきさん。

「ちょっとびっくり!」という私に、

「なんで知ってたんですか?関西人と付き合ってたことあるんですか?」とのつっこみ。
ドキッ!
って・・・ドキッ!とすることなんてナイナイ。

いやホント、まじめに、言葉ってどれが方言で、標準語か、もうわかんないですよね~参った!

それに、最近じゃどんどん新しい言葉も生まれてくるし。

ネット時代だから、いろんな言葉も氾濫しているし。

つまり、言葉は、広報担当者の私たちを悩ませるタネでもあるのです。

で、今日も「記者ハンドブック」を片手にプレスリリースを書くのでした。

めげずにがんばるGO!GO!(ゴーゴー)
〔おまけ〕

そういえば・・・こんな経験も。

大学で東京に出てきたばかりの頃の私。

学食で「いなりうどんでも食べようかな~」とつぶやいたところ、

まわりの友達から「なにそれ?」

たいそう驚かれたことがありましたけど。

このときも、地元金沢だけで通じる言葉のだったということに衝撃を受けたものでした。

今でも、金沢のお蕎麦屋さんで「いなりうどん」の文字を見るたび思い出します。

※いなりうどん・・・刻んだ油揚げとネギを使ったうどん≒きつねうどん