どーも!A・A美です。

 

P1260645
今日はコレ
 

P1260701
ベルメゾンで大人気のポップアップテント(1990円)の新型がついに登場
 

ドーム型ポップアップテント(6990円)

 

 

 

P1260651
開けます。

 

P1260652
 

P1260653
 

 

P1260659
いきます。

 

P1260662
へーーい

 

P1260663
 

P1260670
キャッチ。

(けっこう重かったです)

 

P1260671
そして

 

P1260672
さらに開いて

P1260674
 

 

P1260676-
ここを引っ張り出す
 

P1260677
完成~っ

本当にカンタン、あっという間です。

 

P1260680
収納ケースは、分割してクッションシートになります。

地面に固定できるペグ付き。

 

今までのタイプは、

とにかく「お手軽、お気軽に持ち歩ける」のが最大の魅力でした。

 

今回の

新しくなったポイントをご紹介。

 

P1260686
まず、大きさと形を比較。

どちらも2人以上入れますが、

ドーム型は全体的に大きめの作りです。

値段が結構ちがうので(1,990円と6,990円)、

もちろん、作りもだいぶ違います。

 

P1260691
ドーム型タイプは、

閉じられます。(※)最重要

 

P1260501

おじゃまします。

 

P1260503
背面に、目隠し付きのメッシュ窓
P1260506
マジックテープで開閉でき、

 

P1260512

くるくるくる

 

P1260514-
留められます。

 

P1260524
外から見るとこんなカンジ。

 

P1260551
前面は、ジッパーで完全に閉じられるようになっています。

コレはイイ
しっかり閉じられるので、

虫も入ってこないし、

着替えられるし、

うっかり日焼けの心配もありません

 

海でも山でもOK
 

 

P1260543
中からも外からでも開閉できます
 

P1260557
 

 

P1260526
メッシュとカーテンの2重構造になっています。

 

P1260681
網戸と窓みたいなカンジです。

 

P1260682
メッシュだと風が通って涼しいです。

 

P1260724

収納したときは、こんなカンジ。

持ち手も長さが違います。

 

P1260727
重さは、2倍以上あります
 

とにかく手軽で、軽いのがイイ方はコチラ(左側)をおすすめします。

(ホントに軽いから

 

でも、テントでの居心地を重視するなら、断然、ドーム型です。

(完全に閉じこもれますから

 

さて、たたみます。

 

 

P1260704
 

 

P1260705
 

 

P1260706
 

 

P1260707
 

 

P1260709
 

 

P1260716
※おにぎり地点

 

P1260717
半分に折ります。

 

P1260718
 

 

P1260719
手の向きを変える。

 

P1260720
力いっぱい、脇をしめる。

 

P1260721
ぐるんっ

 

P1260722
 

 

P1260723
◆たたみ方に関するアドバイス◆

※おにぎり地点でうまくたためるか否かが決まりますので

キレイにワイヤーをしっかり重ねましょう。

後半は力が要るので、体重をかけながら頑張ってください。

2~3回、練習してからお出かけしてください。

 

夏のレジャーは、テントがあれば、(だいたい)なんでもできます!

暑さ、UV対策として、ぜひ、活躍させてください。

 

私はドーム型がほしいです。