いまだ余震が頻発する、東北・関東地方。

地震がきていないのに揺れているような感覚がする「地震酔い」の症状が私もあります。

おそらくオフィスが13階、住んでいるマンションが10階という生活している環境も影響しているようです。

大震災による被災地や被害にあわれて避難されている地域の方々のご苦労やがんばりをニュース報道を見るにつけ、

「できることは、徹底してやろう」と考え、いざ実践してみると、

今の自分がとても丁寧に日々生活していることに気づかされます。

1.家の中では、人のいるところだけ電気をつける。なるべく一カ所にいる。(家族団らん)

2.テレビをつけない。(会話が増える)

3.暖房を極力つけない。早めにお布団に入る。(湯たんぽ“ちゃぽたん”大活躍)

4.帰宅後、常備菜を作ってる。(1つのレンコンで3品作ったり、食べ物をムダにしない)

5.6時前に洗濯機を回す。(早く寝ているので早く目が覚める)

などなど。

確かに、これまでがいかに「ええかげんな生活」をしていたかということが問題なのですが。

ただ、電気や水の大切さから、電車など交通機関の便利さなど、今まで普通だと思っていたことが、本当に身に染みてありがたいと思って生活できているので、今は、きっと、とても貴重な時間を過ごしているのかもしれません。

そんな毎日の中で、会社の女子でスーパーの品薄情報を交換していた時、

「花粉症で大変なのに、ティッシュが売っていないんだよ。」

「生理用ナプキンとかも、売ってなくって大変ですよ」

という話になりました。

「だったら、こんなときこそ“布ナプ”だよ!」

ん・・・そうだよ ☆

こんな時こそ“布ナプ”ですよ!


洗って何度でも使えるエコ商品!

でも、それだけじゃないんですって。

私とAA美も、商品担当者から薦められて半信半疑で使い始めたところ、その心地よさというか、着けてる時の快適さにスッカリ魅了され、大ファンになったのですもの。

浸け置きして洗う手間は、確かにありますが、絶対にそれを超える良さがあるのです。

だって、現に、いつも簡単な方や楽な方を選ぶAA美が使っているのですもの!

AA美いわく「これを使うとキレイになる気がするんです。」

ムレないのはもちろん、その日だということを、つい忘れちゃう感じです。

さらに、洗えば洗うほどなじんでくる感じも非常にスバラシイ!

それは、こだわりの素材を使っているからなんだと思います。


被災地の方は、避難所生活だとお洗濯もできないしお水も十分ではありません。

だから、使い捨ての生理用ナプキンは、被災地の方にどんどん送っていただき、
我々は“布ナプ”を使おうじゃありませんか~!!

って実行できませんかね?

ちなみに正式名称は「いたわり素肌のmyナプ」です。
詳細はこちら>>>